“クンニ受けるのが博士という人妻(業女性)とのセックス”

“42歳の熟女人女の子(生業女性)とセックスしてきたというダディーのPCMAX口コミです。仲間の人妻はクンニ繋がるのが大好きで、自己アソコを擦りつけてくると書かれていました。40才を超えた女性の愛欲の強さというか、ムシャクシャ範囲がぐっすり分かるような用でした。

【PCMAX口コミ・37歳ダディー(千葉県内)】
42歳の人妻くんに会ってきました。42歳といえば、熟淑女についてになるんですかね。人妻、というか生業女性にとって真昼の間隔というのは、男性にも誰にもバレない、正しくやりたい放題の間隔なんでしょうね。1ら武蔵浦和駅舎でランデブーをしました。そして単に駅前の宿屋に行きました。事前にエッチな交信をよりしてたのでスムーズな伸展。恋人はクンニ繋がるのが大好きと言ってました。ただ男性はきっとやってくれないらしいんです。だから今日は恋人が満足するまでクンニしてあげようと思っていました。シャワーを浴び終わった後は、ある程度ソファーでゆっくりと談話をしました。それから恋人をベッドに寝かせて、まずは肩などをマッサージしてリラックスしてください。我々は絶えずマッサージからエッチをスタートさせるんですよ。それだけでその後の女性のフィーリングほうが全然違ってきますからね。そして何とかクンニです。股をものすごく広げてみると、アソコは今シャワーを浴びたとは思えないほどの濡れ濡れ状態です。内股まで既に情愛液でやたら。まだ何もしていないのにこんなにも興奮してくれるはまさか賞賛。大股開きさせられて最初はさっと恥ずかしそうにしてましたが、さっと舐めると交替が入ったのかどんどん積極的になってきました。自分でクリトリスの皮を剥いて「ココ一際舐めて」「再び強く吸って」と具体的な希望を通してくる(笑) そして更に大胆になってきて、我々の毛髪を掴んで我々の顔つきにアソコを押しつけてきて、変位に擦りはじめました。顔面が情愛液まみれになりながら必死に舌を伸ばして舐めまくりましたよ。二度とこうなったらクンニというよりも、顔面オナニーという感じですよね。でもここまでされたことなんてないので、さんざっぱら興奮しましたけどね。そしてアソコをグングン激しくバッチリ擦りつけた次、ビクンビクンと人体を癲癇させてイってしまいました。イク前のどぎつい外見と、イッた後の手厚く瑞々しい笑みのギャップがたまたまエロいなぁと感じましたよ。その後のセックスもとても著しく進め方いものでした。恋人もきつく満足してくれたようです。キャラクターも優しくて素敵な女性だし、人妻だけどこれからもこの人付き合いを続けていきたいなぁと思いましたね。”

“最高に涼しいフェラを通じてくれる素晴らしく暖かい熟母親”

“素敵なコンタクトについて語るPCMAXレビューを見つけました。出会い系サイトのレビューっていいコンタクトや小さいコンタクトなど色んなコンタクトについて語られているわけですが、ライフが変わるほどの素敵なコンタクトに巡り合えたといったレビューもちょっぴり目にします。こういうレビューもそれくらいの感化があるようなコンタクトだったんでしょうね。
【PCMAXレビュー・52年代夫(岩手県内)】
性分のいい女房ってフェラが賢いなぁと遅まきながら思いますね。必ずターゲットを思いやるメンタリティとか感覚を込めてくれるから気持ちいいんですよね。舌使いとかの技量以前に気持ちのトラブルが一番高いように思いますね。フェラしてあげるわよ、みたいな感じの女房だとメンタリティが良くないです。フェラしながら俺の感じている表情で自分も感じるような女房のフェラは最高に気持ちがいいですよ。グングン感覚が高ぶってきて、俺が感じているのを見ているだけで喜びが高まっていき何だかフェラを止めようと断ち切る。本日出会った千秋ちゃんはそういったフェラを通じてくれる女房でした。だから結構情愛おしかったです。千秋ちゃんは40金半ばで、世の中的には熟マミーと呼ばれるような年なわけですが、如何なる若い子よりも素晴らしいと思いましたね。心情の優しさが表面にも滲み出ているような女房でした。千秋ちゃんはこれからもずっと動機を続けて行きたいなぁとしています。こういう年になってこんな素敵なコンタクトに巡り合うなんて思惑もしませんでしたが、一体全体幸せですね。”

“幸せメイルを使い始めてすぐに出会ったママ”

“愉快メールアドレスを使い始めてすぐに出会ったのがデパートで働いている子だった。何故出会い系サイトを使い始めて俄然普通の奥様を見極められたのか今でも思い付かんです。でも当時から第六感だけは良かったからかしこくいったんだ。何度かメールアドレスのやり取りをしてから携帯を交換して電話で話すようになった。他愛ないストーリーから、エッチなストーリーや性癖のストーリーなんかもするようになって、いくらでも仲よくなっていくうちにやむを得ず会いたいというようになった。若かったし完全にエッチもくろみだった。即日、家内の出社終わりの21年月ごろに待ち合わせた。意外と心悸したのをよく覚えている。何とか会った家内はいたって普通の子だった。すぐにでもエッチはしたかったけど、ぜんぜん日程を立てていなかったので、家内に「どっか行きたい会社ある?」なんて聞いてしまったのが非だった。出社が終わったばかりでなかなか胃腸が空いていたというんだけど食べないというのです。食事に行くよりも「海を見に行きたいな」というので、京都の町中から海を目指すことになった。琵琶湖を北上して、日本海は舞鶴へと向かう。国道8号線をさらに北上して、日本海まで約3日にちのコースだ。その中途、誰に似てると言われるのか、など何とか会った場合話す定番のストーリーをしたり、カップルとも野球が好きでタイガースオタク同僚ということが分かったり面白い動画が続いた。そしてストーリーは今までの恋貯金へと展開していく、今は主人いるのか、とか出社終わりでやけに疲れてただろうに、家内とのストーリーは尽きなかった。そして3日にちかかって舞鶴に到着した。防砂林だったか、防風林だったか忘れたが、その前に車種を停めて砂浜へと向かう。真夜中の海に来るケースなんて今までなかったから、まったく不可思議に感じたのをよく覚えている。そして真夜中の波打ち際で、深夜ぶりを浴びる家内を見ながら後ろから抱きしめた。「禁物よ」と家内は言って、「シャワー浴びさせて」と続けた。一年中出社を終えたあとのシミを気にしていたみたいだった。家内のそのせりふにあたって、また、此度来たメニューを滋賀頃まで戻ることにした。出社で疲れていた家内は、家路は耐えられなくなったようで補佐長椅子の席順を倒して眠ってしまった。そして夜明け前、家内が瞳を覚ましたころにピッタリ滋賀に着いた。家内は滋賀の奥様だったので、恥ずかしながらも雄琴の旅館を案内してもらった。家内が過去に利用したであろう、オモシロ想い出を呼び覚まさせてしまい、ちょいスイマセンなぁと思いながらも、夜明け前に入室することができた。客間に入って間もなく、お風呂のお湯を溜めて、滅多に徹夜で移動した体をベッドに横たえた。そうしているとだんだんと甘美な気分になってきて、そこで何とか家内とキスをした。それからお湯が溜まった湯船に2人で浸かりながらカップルのようにヌメヌメする。潜水鏡ごっこからのフェラや、家内を後ろから抱っこして乳房を弄ったりした。お互いのカラダを綺麗に洗い合って、本当にベッドへと向かう。会う前に電話でドスケベトークしてたときに、私が大人の遊具試合が好みだと伝えていたので、旅館に売ってる遊具を買って使ってみることにした。生身の女性が無機質な器具に弄ばれながら、感じまくっているコーディネートは当然大いにエロいものだ。フェラが好みという家内にバイブを挿入したとおり、たっぷり舐めてもらった。とうにこれ以上続けて舐められてるとイってしまいそうだったので挿入することにする。ゴムをかぶせようからには家内に意外な顔つきをされた。絶えずナマでやっているらしい。やはりナマのほうがいいけど、さすがに怖くてゴムを付けた。そしてスムーズ等からの挿入。とっくにニュルニュルのアソコに、何の敵対もなく同時に入っていくおちんちん。家内はそれを気にしたのか、まったく締め付けてきた。「あまり技量いれなくてもいいよ」って言うと、「だってユルユルと思われたら不愉快やん」と家内は言う。そんなことを気にしてたのか。「確実。すごくすがすがしいから」と私が言うと、家内は安心したのか、私のピストンをやさしく受け入れ始めた。裏手や騎乗等、AVで学んだ色んな姿勢を試してみた。そしてなんとかエンドのときが来た。巡り合いみたいで出会った、初めての奥様とカラダを交えて、フィニッシュするという状況に興奮する。おそらく、自分だけイッたという。あとから聞いたけど、家内はイキ難い身体のようだ。1回戦が終わったら両方とも急性眠気に襲われた。家内は毎日働いたあとの深夜というかもう早朝だし、私も徹夜で運転して日本海まで往復してきたんだから。そして目覚めたのは早朝10年月ごろだった。そこからまた、家内がオレのアソコを舐め舐めするので、あっという間に元気になり2回戦へと突入する。そして今度は生で挿入。やはり実況はかなり気持ちいい。さすがに中取り出しはしちゃダメだと思ったのでエンドは、家内の胃腸に出した。そして2回戦を終えると、今度は急激に胃腸が空いて来た。両方とも前日から何も食べてないから。ので清算の時間も来たので旅館を出て、琵琶湖湖畔の喫茶店でLunchにした。直後、家内は何回か会ったが、次第に私の愛欲対応だけの動機みたいになってきたのでスイマセンという意思が強くなってきた。そしてとあるとき、すでに会わないと告げた。家内はまったく単身だったし、こういう成果のない不倫動機を続けるのはもちろん悪いかなぁと思ったので。”

“23歳の金融間柄勤め人が騎乗位で腰を振りまくる超エロいクチコミ”

“PCMAXの巡り合い評定です。今回も強烈にエロい詳細ですよ。おとなしみたいに見えたまぶしい女性が、フェラ好きで騎乗そば歓迎っていう、そのギャップがエロいですよね。でも出会い系サイトでの巡り合いでは、そういった仕組って結構あります。女の子の本性というのがリアルに見える企業ですよね、出会い系サイトって。それにこういう男も書いていますが、フェラ歓迎の女の子って結構多いんだなぁと自分も出会い系サイトを使い始めて思いましたよ。嫌いな子供が多いと思っていましたから。でもちん○の感覚を嗅ぎながら舐めまわしてくれるという子供に今まで何人も出会いました。出会い系サイトでの巡り合いだと、本来の形がリアルに見えるし、感想を曝してくれることも多いですから、女の子の真の形というのが透けて見えるよね。それが出会い系サイトを使う楽しさかもしれません。【46歳の千葉県内男】夜の真昼周囲だったがムラムラが何となく収まらなくなってPCMAX掲示板を右往左往しながら対談しまくっていた。すると、「五井で学生時代の周辺と婦人会が終わって帰れないので鴨川まで送って欲しいな」というお便りが入った。今から五井をめぐってそれから鴨川だと2時間はかかってしまうので「それはちょっと無理です」と伝えると、「帰りにまっ最中でしませんか?」というので、性欲も高ぶりまくっていたので五井ターミナルまで行くことにした。五井ターミナルに着くと既に主人が待っていた。「23歳で茂原の某金融関係職種」との事だったが、どうしても素晴らしい顔立ちの女の子だった。五井で主人をクルマに乗せ、鴨川に向かい出発する。五井から297号線で勝浦、128号で鴨川方面に向う。途中にラブホテルが無くて不安になってきたが、主人がそれを察したのか「安房天津を右側に」と言ってくれる。するとラブホがあった。そしてルームに入るとおとなしそうな雲行きだった主人が変貌した。私の服を脱がすとぼくをベットに押し倒し、風呂に入る前のちん○を生フェラできる。そしてゴムを装着するとスカートとパンティを脱ぎ、騎乗位で挿入してくる。強く動きまくり、数分で最高潮した。それから円滑そばになると私も主人を力強く突き、さらに主人は凄まじい喘ぎ音声をあげながら最高潮した。それからお風呂に入ると、「近年ね、彼女と別れたところでいともたまってたの」と告白してきた。「ほとんど男性みたいだね」と言うと笑顔、その笑いが可愛かった。お風呂から出てベットに入ると主人は「久々です」とちん○を口に含むと20分程舐め続けた。後ほど話を聞いてみると、フェラが結構歓迎らしい。出会い系サイトで色んな女性に出会うようになって、フェラ歓迎の女の子って結構多いについてを知った。それからシックスナインの身構えになると、主人のアソコからは情愛液が腿を伝わり流れていた。ゴムをつけて、お尻を持ち上げ、いっぺんに挿入すると主人の音声がルームに響く、構わすどんどん突きまくると主人は、3度目の絶頂に達した。円滑そばになると主人の両足を凄まじく開き突くと、やたら気持ちよすぎてもう我慢出来ずにゴムを採択したまま主人の中で果てた。それから午前まで計3回戦して、主人を鴨川ターミナルまで送り届けた。カップルとも獣のように乱れまくったあの夜の事は天命忘れることができないだろうな(笑)”

“32年代サラリーマンが語る出会い系サイトでの最低な鉢合わせについて”

“出会い系サイトの体験談には、有難い触れ合いと雑な触れ合いの両者が綴られていますよね。こういうPCMAX体験談は32年齢勤め人が綴っている雑な触れ合いについてです。「痛い」と「心地よい」を勘違いするKYダディーについて書かれているわけですが、僕も肝に銘じないといけないなぁと思いました。ついつい興奮して厄介行うことってありますからね。でもきちんと彼氏の感想を見て、両者が楽しめないと目的ないですもんね。
【32年齢の東京母親(勤め人)】
このサイトで知り合ったお客様と宿屋へ行きました。そしたら、容赦なくお尻の穴に指を入れられまくって、たっぷり痛かったです。「きつい」と何度も言ってるのに「気持ち良さみたいじゃん。」って言ってやめてくれなかったんです。ちゃんと痛くて、清々しくなんてなかったのに。とっても痛がってるのか、すがすがしいのか、それくらい思い付かものなんですかねぇ。事後、在宅に帰宅したら肌着が血液で汚れてました。どうも、宿屋での品行で、切れ痔っぽくなってしまったみたいなんです。翌日、恥ずかしかったけど辛いので、肛門科の病棟に行きました。そしたら心から切れ痔でした。彼氏はそんな事も知らず「前日はほんとに気持ち良かったね!次は何時会える?」なんて言ってくるんですよ。あきれ返ってしまいました。まぁでもそんなKYダディーと宿屋をめぐってしまった自分が悪いんでしょうね。はなはだムカついていたので、こういう事を話して再び会わないって言いました。人間も気を付けて下さいね。コレが影響して、ちょっとは暮らしも支障が出る様になりました。便所で広い方をする際は各回、出血してます。”

“女子大生のようなツンデレ人妻とのセックスと後”

“ツンデレ人妻とのセックスとその後の発展が書かれている幸運メイルレビューを読みました。セックスした後にツンツンした感じになるはよく分かりますね~。照れとか、単なる負い目とか色んな感触が混ざり合って、そういった言動になってしまうんじゃないでしょうかね。何ともリアルなレビューだと感じました。当然あんな女性が多いというわけじゃなく、セックス下も家内みたいな雰囲気で楽しめる子供も多いんですけどね。<幸運メイルレビュー(43歳・埼玉県内男子)>幸運メイルで知り合ったしばらく経ってから、ラインのIDを伝えて周辺登録してもらった人妻の亜美氏。もっとラインでの話し合いばかりだったけど、最近ようやっと会えました。第一印象は可愛い先入観。人妻という雰囲気はほとんどせず、女子大命と言ってもおかしくないような可愛らしい子供でした。今時の人妻ってこれ程ハイカラで明るいんですね。宿屋の座敷に入るとソファーが無かったので、ベッドに腰掛けてお話しました。ゆっくりと談話をしながらやがてエッチ趨勢にとって行こうと思ってたんだけど、亜美氏のこちらを見つめる眼があまりにもエロく感じて、我慢できずに思わずキスししながら押し倒してしまいました。感性が至極良くて、喘ぎ考えも必ずや可愛いんです。時間をかけて愛撫を通して、いざアソコを触ろうというと、今や触る前から濡れ濡れ条件でした。クンニ変わるのは博士だと言っていたので、いっぱい舐めさせてもらいました。これから、クンニでイッたのはやっとだと言ってもらえて嬉しかったですね。挿入してからも感じまくっているみたいだったので、すぐに射精してしまわないように頑張りましたよ。忍耐に我慢をしてイッたので、今までに見た事が弱いくらい大量に射精してしまいました。一回目があまりにも気持ちよくて射精のボリュームが凄かったので、二回眼はごつくならずに停滞しました。そして終わってから家内一色を楽しもうとしていたのに、正に急にツンツンとすねてる先入観です。怒ってるわけじゃなさそうだけど、ツンデレというか、急に基盤が変わったから戸惑ってしまいましたよ。そして別れてからもラインの話し合いはしたけど、まだまだツンツンな先入観なんですよね。だからまた誘っていいのか分からなくなってしまいました。そして間もなくラインの数も減ってきてしまって、次回はないのかなぁという感じです。遺憾。。”