カテゴリー別アーカイブ: 未分類

“吟味の甘いワンピースを着たカワイイ人妻とのセックス”

“既婚パーソン同士の触れ合いで、本当に親密な関わりになることって多いですよね。色んな出会い系サイトの感想を見ているとそのように思えます。今回の幸せメイルの感想も本当にそんな感じですよね。
【幸せメイル感想・46歳父親(愛知県内)】
前月お会いした人妻と現在再会する事ができました。はじめてお会いした時と、スパンと待合室がかなり均一。逢い引きって感じがまたスパイシーんですよね。この前において、何ともスウィートで愛らしい過ぎな恋人。何となく抱きしめたくなる小極悪くんという感じですね。にこやかな笑顔で私のモデルに乗り込んで来てくれました。「精力だった?」と恋人が笑顔でワンポイント言ってくれるだけで嬉しくなる身。審査の美しいワンピースにはやられました。身ってワンピースや豆スカにないんです。そして身はと言うとギターパターンを持ってきました。今日は、格調激しく(笑)ぐいっと高鳴る心を押えてまずは歌から。恋人にソファーに座ってもらい、いきなりのギターの弾き語りやっちゃいました(笑) しかも誘発3曲も。3曲眼はベッドで弾いている私のとなりで、ガッチリ聞いてもらいました。お互いの心があっという間につながったように感じたのは私だけかな。ギターに集中しすぎて、洗いざらいお風呂入れているのを忘れ、タイツを脱いだ恋人がお風呂のお湯を完結に行きました。すぐさま相互脱衣して抱きあう。インナーだけの恋人を。そしてお約束のお姫様抱っこでベッドに、、そして、襲いかかる。でも今日は、お布団かぶって、二人のうれしいキャッチボールが多かった。話しているだけで結構面白いんです。必要の箇所、キッズの箇所、道楽の箇所なども。それに撮影見ながらの周遊の箇所。そしてエッチの事も。間もなく、恋人に上になるように誘って特別嬉しいエッチのスパン。あれやこれやとお互いの進展業務に追われ、嬉しい時間はさくっと過ぎてしまうね。それでも今回もまたひどく気持ちよかった。そして再会の確約を通して恋人は自家用車に乗り込んで行きました。今度は、一緒に嬉しい昼めしでもしたいなと思っています。”

“19歳の女子大生が子宮口をえぐられるようなセックスに感じまくる”

“19年齢の女子大生が書くPCMAX体験談です。さっそくエロいですね。19年齢とは思えないほどセックス慣れしてる体感がしました。こんなエロい子供とエッチしてみたいですよねぇ。
【19年齢の東京女子大生】
ウィークデイの昼から旅館をめぐってきちゃいました。おライバルはおとな掲示板で客寄せかけてメールをくれた32年齢の旦那です。小顔付きの山田孝之似。駅近くのコンビニでランデブーしたんですが、顔付きを見て失敗したーと思いました。ノリがフェミニスト型式じゃない(笑)おしゃべりもおざなりで足早に旅館に行くと急遽ファッションを脱ぎ始めました。まぁ単発だろうし、おしゃべりが少なくてもいいか、なんて思い一緒にシャワーを浴びてベッドへ。何もしなくていいと言うので触り易いような体勢になって人体を委ねました(笑)最初は抱き合って手厚く胸を揉まれながら乳首を吸われると丸ごとドスケベ気分に進出しちゃいました。引き続き方策をアソコに入れて触ってきて「既に濡れてるよ」と言いながら指を入れてきました。クリより間が感じるこちらは、ささくれた指が入る第六感に感じ入ってしまいました。でもライバルは指を入れたとおり動かさないの。更に少なく動かして!と膣を締めふと腰を揺らすととうとう動かしてくれました。未だに膣は思いっきり慣らされてませんでしたが、二ヶ月風のセックスというのもあって我慢できずに、もはや入れてほしいと言ってしまいました。ベッドに横になって、まだまだ取り付けのできてない感じのアソコに固く勃ち上がったものを擦り付けられる。数回素股を繰り返してゴムをつけると同時にアソコへねじ込めてきました。細長い穴を必ず開かせ奥まで突き上げる快感、思ったより大きな喘ぎ音声が出てしまい恥ずかしくて音声を我慢すると「我慢しないで音声出して」と言われました。私の足も抱き込んでスムーズ位でズンズン突いてくるピストンによってふと「あっあっ!」と音声が漏れてしまう。ゴムが擦れてヒダが痛いけど、それも少しするとゴムに情愛液が馴染んだため無くなり、あとは快感のみに包まれていきました。人体は自然と腰を振っていて、広間に満杯という響が響き、それにも興奮してしまう。足がフリーだったのでだいしゅきホールドで人体をピストン出来るくらいに交わるとガンガン腰を振ってきました。「いく、いくよ」乱暴なピストンに広く喘ぎながら頷くと子宮口に亀胸中を合わせてグッと抱き込まれました。子宮口をえぐるようなこれが一番気持ちよくて子宮がキュンキュンしました。数分入れたままの状態で休憩して、一緒にお風呂に入りました。第一印象は全く違う、超心地よいエッチができました。また主人とエッチ望むな。”

“赤ん坊の幼稚園風呂が到着するまでセックスを楽しむ人妻の情事”

“45年の人妻が書くPCMAX書き込みです。女の子が幼稚園から帰るまでの時、めたくさん年下の彼氏とセックスを楽しんでいるといったダイアログですね。

【PCMAX書き込み・45年人妻(群馬県内)】
前日は午前中から大層エッチづくしでした。本当に今はこういう臨時のために生きてるって感じ。PCMAXで知り合った長瀬智也似のワイルドな年下の男子との激しいエッチは最高です。二度ととても気持ち良くて、洗い浚いが。2回もしちゃった。きちんと10才くらい年下なんだけど、落ち着いてて大人っぽい亭主のトークも明るいんです。とってもよろしい時が過ごせました。2時半には小児の幼稚園銭湯が到着するのでそれまでには戻らないといけないんだけど、そんなことすら忘れてしまいそうになるくらいの醍醐味でした。1時半頃にハッと我に返って、急いで帰りのしたくをしました(笑) もこういう時が永遠に続いて欲しかったな。ダディは家庭に主として関心がないし、小児はイヤイヤ期に突撃して常々ほんとうにマジ。あんな時がなければもう一度自身は壊れてしまっているように思います。亭主のおかげで救われてるかな。心も体も深く満たしてもらってます。また亭主との機会を護符に毎日乗り切っていきたいと思います。イヤイヤ期って案の定何時として収まるんでしょうね。。”

“41年独身の熟マミーサラリーマンの蒸れ蒸れのパンストやパンツを味わいたい”

“撮影有の感想は予測を膨らませてくれるのでいいですよねぇ。今回のPCMAX感想は41年齢の熟淑女サラリーマンに関してのようですが、そのノイズだけで何かエロいですよね(笑) 出勤終わりで蒸れ蒸れのパンストやショーツを味わい尽くしたい、と書かれていますが、やっぱりサラリーマンは昼出勤で汗をかいた肉体をもちまして味わいたいですよね。腋汗ぐっしょりかいた腋をシャワーも浴びずに舐め回したりしてみたいです(笑)
【PCMAX感想・29年齢男子(愛知県内)】
41年齢でまったく独身の熟淑女サラリーマンと出会いました。些かドライブしてから宿屋に行きました。乳は広くなかったんですが肌着がスケベくて興奮してしまいました。熟女系のサラリーマンってマジスケベくていいですね。これ程色気があったら多分相手方の男性にも誘われたりするんだろうな、折衝の後にセックスしたりすることもあるんだろうか、などと自ら予測しながら旦那の肉体を貪っていました。しばし仲よくなったら何かと聞いてみたいと思います。どうもこちらの事も気に入ってくれたみたいで、双方暇な時には会おうって事で電話を交換しました。出勤終わりで蒸れ蒸れのパンストやショーツを味わい尽くしたいなぁなんて夢しています。いよいよ歓びが広がっていきそうです。”

“出会い系サイトで出会う人妻の多くが縛られたがる目的”

“縛ったり発展したりするセックスを繰り返しているような男子のPCMAX評定です。その中で、出会い系サイトで出会う人妻の多くがなぜここまで縛られたがるのか、という点を分析している時分、甚だしく勉強になりましたね。

【PCMAX評定・49年男子(徳島県内)】
今までPCMAXを通じて色んな女を縛ったり発展したりしてきました。そんなレクリエーションを続けていると女のハートみたいなものがぐっすり理解できるようになるんです。わたくしはレクリエーションを始めるプレ、夫人に挨拶をさせることにしているんです。フロアーに心をつけて、「宜しく。発展ください。」と言わせるのです。それは今日の規制奴が誰なのかということを人体と心に刷り込ませる結果なんですよね。そしてとにかく人妻が標的だとレクリエーションがひどく強烈になるんですよね。とある人妻の場合。広間に入ってから、心をフロアーにつけたままの外見で、チャンスだけが刻まれていき、レクリエーションは進行していない。ここで妥協すると甘えが残ってしまって、以後の調教けに悪い反映が残るわけです。お互いに満足できる結実を残せないので、それはお互いのためにならないのですね。もしも、このまま本日が終わろうと、わたくしには失うものはなく、なにも怖くないのです。そんなゆったりした余裕を持った気持ちで臨むことが大切なわけです。そうこうやるうちに彼女は、敢然と意志を込めたアクセントで、自身へ性下部保証をすることができたのです。「心をあげろ!」彼女は、ほっとした表情を見せて心をあげた。「きちんと言えたね。これは誰の結果でなく、○○の為なんだからね。」こういう往来があって、初めて縛りレクリエーションに入っていくわけです。彼女もそうなんですが最近は人妻を縛ることがはなはだ多いんです。なぜここまで多くの人妻が縛られたがるのか、それはよく分かりません。ただセックス解答ペースが長く続き、性的に満たされないシーズンが長く続くと、自分の性的思惑が果たしてどんなものなのかナーバスに認識できるようになるので、それまでは無我であった果たしてやるレクリエーションというのを自ら認識できるようになるのかもしれませんね。”

“26年齢のナースの若妻とのカップルという愛情のあるセックス”

“大学生しか見えないくらい若々しくて明るい若妻に出会ってセックスしたという幸運メールアドレスのレビューを見つけました。しかもその恋人、ナースみたいですね。でもいくら可愛くても結婚したら彼に概ね相手にされなくなる容器って多いですよね。だから出会い系サイトを通じている多くの男性がうまい意欲をできるわけですけどね。【幸運メールアドレスの現実触れ合いレビュー・都内32年代紳士】この前幸運メールアドレスで出会った友美くんについて書いてみたいと思います。26年代のナースさんなんですが、大学生しか見えないくらい幼くてかわゆい!そういう恋人なんですが、実はウェディング1年頃目線の若妻だったんです。もうびっくりしましたよ。でもパパが職で総じて住まいにいないので寂しくなってココに登録したみたいですね。プロフィールのトップに出てきてて可愛らしいなと思ったので俺から声明を送ったのが最初の大切でした。ラインを教え合ってお互いの案件について話してるうちに、少しずつ恋人のことが気になっていました。そして勇気を出してランチに誘ってみたところ可能してもらえたんです。ランデブーの場所は池袋の西口。瞬間どおりに来てくれました。思ってままのちゃんと可愛いママで喜ばしくなりましたね。恋人も俺のことを「生まれより幼く見えるね」と言ってくれて、こういう触れ合いをうれしがってくれてる的でした。ランチをしながら色んな事を聞きました。 家の福岡から出てきた案件。結婚して丁度1年頃くらいだけどウェディング暮しが全く楽しくない案件。仕事が中ぶらりんで大変なこと。病人から人気がある案件、など。パパも留守気味だし、話し相手があまりいないのか、ほとんど恋人が話してて俺は引き続き聞き手に回ってました。「まぁ壮健だしなよ」って俺が言うと「ええ、がんばるね」って恋人が答え、目と目線が合いました。そのときの目線にキュンってしちゃいました。これから瞬間かなと思ったところ恋人から、「今夜はしばし一緒にいたいんだけど、良い?」って言われて、僅かドキッとしましたよ。でも俺も恋人のことが好きになり始めていたので、「じゃ、旅館いこっか」といって恋人のアプローチをつなぎました。恋人はまるで拒む見かけはありませんでした。適当に程度を散策してショコラっていう呼称の可愛い旅館へ入りました。恋人は「こういう広場超良い」って広場を気に入っていたみたいです。一緒にお風呂にはいってシャワーを浴びてベッドに肩を並べて座りました。恋人もなんとなく緊張してきたみたいで口数が小さめでした。肩にそっと手を回すと、少しビクって作動しましたが丸ごとボディを預けてきました。目線があったところで何気なくキス。最初は唇だけを重ねてましたが、段々と恋人も息吹が粗くなってきて積極的に舌を絡めてきました。俺はキスをしながら、恋人の身体の至る所を愛撫しました。耳や鎖骨や首筋など至る所にキスを通じていきます。最初は穏やかな作動だった恋人も少しずつ会話を上げるようになりました。だいぶセンスがあがったところでいつもの秘技による要所、間もなくボディをくねらせて引きつけさせてイッてしまいました。その後も騒がしく局部を刺激して、十分に濡れたところでコンドームをつけて組み込み。恋人はとても緊縮身なりが良くて、とくに後ろからが最高でした。もうすぐ射精する間一髪で円滑位で突いていると、恋人から「ミルク触って」とお願いがありました。どうも乳首が感じるみたいです。そしてミルクをきつく揉みながら、ただただ二人で見つめ合ってフィニッシュ。終わってからもゲンコツ枕しながら何度もキスしました。身体の性質は抜群に良いみたいで3瞬間の間に2回してしまいました。家路、恋人から「今日はほんとに楽しかった。有難う。気持ちが楽になった。」って言ってもらいました。そしてまた会うコミットメントをしました。少しは恋人の役にたてたかなと思うと必ず良かったです。この素敵な触れ合いもあるものなんですね。”

“女子大生のようなツンデレ人妻とのセックスと後”

“ツンデレ人妻とのセックスとその後の発展が書かれている幸運メイルレビューを読みました。セックスした後にツンツンした感じになるはよく分かりますね~。照れとか、単なる負い目とか色んな感触が混ざり合って、そういった言動になってしまうんじゃないでしょうかね。何ともリアルなレビューだと感じました。当然あんな女性が多いというわけじゃなく、セックス下も家内みたいな雰囲気で楽しめる子供も多いんですけどね。<幸運メイルレビュー(43歳・埼玉県内男子)>幸運メイルで知り合ったしばらく経ってから、ラインのIDを伝えて周辺登録してもらった人妻の亜美氏。もっとラインでの話し合いばかりだったけど、最近ようやっと会えました。第一印象は可愛い先入観。人妻という雰囲気はほとんどせず、女子大命と言ってもおかしくないような可愛らしい子供でした。今時の人妻ってこれ程ハイカラで明るいんですね。宿屋の座敷に入るとソファーが無かったので、ベッドに腰掛けてお話しました。ゆっくりと談話をしながらやがてエッチ趨勢にとって行こうと思ってたんだけど、亜美氏のこちらを見つめる眼があまりにもエロく感じて、我慢できずに思わずキスししながら押し倒してしまいました。感性が至極良くて、喘ぎ考えも必ずや可愛いんです。時間をかけて愛撫を通して、いざアソコを触ろうというと、今や触る前から濡れ濡れ条件でした。クンニ変わるのは博士だと言っていたので、いっぱい舐めさせてもらいました。これから、クンニでイッたのはやっとだと言ってもらえて嬉しかったですね。挿入してからも感じまくっているみたいだったので、すぐに射精してしまわないように頑張りましたよ。忍耐に我慢をしてイッたので、今までに見た事が弱いくらい大量に射精してしまいました。一回目があまりにも気持ちよくて射精のボリュームが凄かったので、二回眼はごつくならずに停滞しました。そして終わってから家内一色を楽しもうとしていたのに、正に急にツンツンとすねてる先入観です。怒ってるわけじゃなさそうだけど、ツンデレというか、急に基盤が変わったから戸惑ってしまいましたよ。そして別れてからもラインの話し合いはしたけど、まだまだツンツンな先入観なんですよね。だからまた誘っていいのか分からなくなってしまいました。そして間もなくラインの数も減ってきてしまって、次回はないのかなぁという感じです。遺憾。。”

“Eカップの人妻のオッパイを車内で揉みまくり舐め回し体験談”

“しばらく別れていたのに、またちょっとしたきっかけで会って、丸ごとまたセフレものの要因に戻る、なんて事はロマンスではよくあることですよね。今回の愉快メルアドのレビューも丁度そういう感じです。お客がEカップの人妻というのがまたいいですよねぇ。
【愉快メルアドレビュー・35年齢男性(愛知県内)】
最近、一度はお別れした人妻からラインが来たんです。久しぶりのラインでした。何かよく分からない開設から、再び会いましょうという話になって、突如会って来ました。前によくしていたようにパチンコ屋のパーキングでランデブーを通じて合流しました。主人がこちらの自動車に乗ってきて、長らく報告をしました。会わなくなってからの事態や最近の報告など。あんな報告をしつつ、車内で主人の脚をさわさわと触り、胸を揉み揉みしました。そしてちょこちょこ通る自動車や周りを気持ちにしながらのディープキス。そうなるともっと先日しばしば会っていた内のようにお互いに理想むき出し状態になってきました。衣服をまくりあげて、ブラも外してバストを舐めまわしました。主人は久し振りだったからか最初のお客様は恥ずかしがっていたのですが、途中からは本人衣服をまくりあげ、股を開いていました。主人は生理内輪だった為に、アソコはさわさわするだけだったのですが、その代わりにキスと取り分舐めをしまくりました。3タイミングくらい会っていたのですが、そのうちの2時間は舐めまわしてましたね(笑) おかげで自動車の窓は根こそぎ気勢で曇ってましたよ。主人のEカップの胸を揉むのは久し振りでしたが、揉み応えありましたね。結局、遠路だから会いたいときに会えないから終わったような要因だったのですが、最後はまたラインするね~って。ありゃ、また今度があるんや?と思いました(笑) ロマンスって一時離れていても、一斉のエッチでまた一気に行程が縮まったりするものですよね。”

“出会い系サイトでのある本気の異性のエンドについて”

“あるPCMAXのレビューです。色んなレビューを読む以上、出会い系サイトで本気の異性をする、はそれほど珍しい事でもないようですね。その本気の異性が不義の異性であった場合は殊に満たされないことも多いわけですが、それでも本気で好きに患う、は素敵なことですよね。
【42年の東京女性】
その人との出逢いはMAXに登録して一月ぐらい経った時分でした。「コレを最後の異性にしませんか」それが恋人の口説き文言でした。いる表通りもくらい、単身転勤中であった恋人は短い間にも関わらず長時間を一緒に過ごしていました。しかし恋人はひどく拘束配慮の著しい個人でした。その拘束はなかには狂気にも感じるほどで、たまたま躊躇する程の周辺でした。なによりもみなさんを優先してほしいと望む恋人との異性は、からきし噛み付きあい、傷つけ合うような人付き合いだったと思います。そんな二人の人付き合いには落ち着きはなかったように思います。安らげなかったのは俺が恋人を不安にさせていたからなのかもしれません。そして俺にとって、恋人は顔合わせ脈絡での初の顔合わせという事もあって戸惑っていたのだと思います。恋人の求めに答える根性もなかった。俺がみなさんを想っているのか、信じてもいいのか、恋人は不安に駆られてあそこまでイラついていたのかもしれません。「一緒にMAXを辞めよう」というのが恋人のリクエストでした。でも「日誌が書きたいだけ」という俺。そして何度かそんな事が繰り返されて俺を信じられなくなると、恋人は自分から俺を遮断したりしました。果たして厳しい異性でした。そして遮断されると、俺は恋人を本気でびいきだった事例にも気がついたのです。そして恋人にブロックされた俺はダサい片思いを数ヶ月に渡って引きずったりしたのです。さんざん強く想われた事は他にないのかもしれない、なんて今さらですがときには、さらに恋人に会いたいなと思う事があります。せめて恋人は俺に対して明確であった、は間違いないですから。まぁ今さら何を言っても取り返しのつかない過去の話です。ここで吐き出させてもらったので、これからは先を向いていきたいと思います。”

“何とかキスが好きになった人妻の出会い系サイト評価”

“30年代の人妻が書くPCMAX書き込みです。「キス」について書かれています。旦那とのキスでは一度も懸念したことがないのに、PCMAXで知り合ったパパとのキスで、キスの魅力の虜になってしまったようですね。この巡り合い、出会い系サイトではよくある模型じゃないでしょうか。もうこの人妻は絶対に出会い系サイトを使うのを止められないでしょうね。
【30年代の滋賀県内人妻】
キスって、今までどんどん贔屓じゃなかった。夫とのキスも懸念したことなどはっきり言って一度も無かったし。あはは~~。そういう私がここまで変わってしまうとは。このサイトで何とか会ったクライアント。お互いに既婚ヤツ。その彼に不意打ちのキスを陥る。甘く、フニャフニャキス。そこからの維持キス。もはやびっくりしてしまって。ソファに座ってたんだけど、倒れこむ見た目になった。キスって好きな相手にするものだとしてたから、「おや、しちゃって良いの!?」っていう気持ちのほうが大きくて。物凄いドキドキして。アソコが疼いちゃってダメダメという模様。イケナイコトだからかな。通常の恋愛も、そういった懸念なのかな。今日、思い出すだけでもドキドキしちゃう。しばらく、思い出す度にゾクゾクってなる模様。専ら、被さる形で、キスばかり。うっとうしくないようにしてくれてることにキュンとしてしまった。忘れられないキスです。キスが好きになりました。”