“お互いの体躯を貪り合うような強いセックスを人妻と”

“こういう幸運メールアドレスの書き込みもそうなんですが、幸運メールアドレスとかPCMAXなどの有名優良出会い系サイトには「ダイヤリー」というパーツがあるんですよね。ダイヤリーを継続して書いていると、ダイヤリーのリーダーになってくれる女性も増えていき、おばさんからのツボも増えていくはよく聞く話です。こういう書き込みのダディもまさにそのような感じで嬉しい感情をしたようですね。
≪幸運メールアドレス書き込み・43年代ダディ(埼玉県内)≫
おばさんからメールアドレスを貰ったのはようやくでした。それも人妻から幾らかエッチな写メ存在のメールアドレスを。ダイヤリーを続けて書いているとこんなこともあるんですね。早速、届いた居所に「ちょっとお伝えませんか?」と返信しました。と同時に携番が届いたんです。幾らか緊張しながらも電話をかけると、物静かな暖かい本音が呼び出し口から聞こえてきました。「こんな写メを送って来た方とは思えません。」と話すと、「確かに。。」と小さくつぶやき、「お返事をいただけて嬉しいです。」と言ってくれました。お互いに話して安心したからか、いちはやくお会いすることになりました。初対面なのに、あたかもずっと前からのそばのように感じたのが実に不思議な印象でした。そして広間に入ると唇を重ねて、衣服を剥ぎ受けとりながらオッパイを掌で手厚く包み揉みました。すると女性は顎をあげながら、小さく喘ぎました。それからは、胸を揉んだり、乳首を舐めたり、唇で乳首を摘まんだり甘噛みしたりしながら、消息筋を脱がせてブラを外しました。そしてパンツの上からアソコを撫でると、女性は「アッ!」という声をあげて体躯をブルッと震わせました。掌で膨らみを押さえ、少なく擦ると、「ハアァ。。」と愛らしい本音をあげ脚を緩めました。そこでギャップに沿って指を往復させると、女性は大きなため息をつき腰を揺すりました。そしてパンツに両手を掛けると、女性は自分腰を浮かせました。そこからはお互いに入れ替えが入ったような感じで、とりあえず貪るようにお互いの体躯を求め合いました。これ程おばさんの体躯を激しく求めたのはようやくかもしれません。そしてここまで激しく体躯を求め合うと、意欲も入り込むのは自然流れで、とうに離れられない動機になりそうです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です